夜盲症(鳥目)とビタミンAとの関係性とは?欠乏はなぜ起こる

夜盲症とビタミンA

人間には、「暗順応」「明順応」という機能があります。これによって、明るい時も、暗い時も、ちょうど良い、目に見える明るさでモノが見えます。

しかし、夜盲症になると、明るい場所から暗い場所に移動したり、夜になるにつれて、物が見えづらくなります

「夜になるとうまう見えない」という症状が出てくるため「夜に盲目になる症状」ということで夜盲症と呼ばれています。(鳥の多くは夜に目が悪くなることから「鳥目」とも呼ばれます。)

そして、この「夜盲症」と「ビタミンA」には切っても切れない関係があります。このページでは、ビタミンAとの関係性と、ビタミンA欠乏症になぜなるのか、また夜盲症(鳥目)の予防法や対策法について紹介していきます。

※さらに正しく・詳しく知りたい方に向けての情報は、この文章を囲ってある「赤いカッコ」内にあります。時間があるのであれば、赤カッコ内も読むと、理解が深まります。

夜盲症(鳥目)とビタミンAの重要な関係性

よく、ビタミンAの機能性表示食品を見ると、「夜間の視力の維持を助けます」と言う表示がされています。つまり、ビタミンAを摂取すると夜盲症が改善しますよ、ということです。

これは実際に本当の話で、ビタミンA欠乏症になると、暗順応(暗い所でモノを見る機能)が低下し、夜盲症になるのです。

しかし、なぜビタミンAが不足することで夜盲症になるのでしょうか?それには「ロドプシン」という聞きなれない物質が関係しています。

【ビタミンA欠乏症の症状とは】
ビタミンA欠乏症の症状は、夜盲症だけではありません。他にも上皮細胞の角質化が起こって、皮膚や粘膜が乾燥しやすくなります。

それによって、口腔や呼吸器、泌尿器などの機能が低下したり、抵抗力が弱まることで感染症にかかりやすくなります。

ビタミンA欠乏症=ロドプシンが減少し夜盲症に

ヒトは目に入ってきた光を電気信号にして脳に伝えますが、その電気信号の材料になっているのが「ロドプシン」です。

そしてこの「ロドプシン」は、タンパク質とレチナールという物質からできていますが、レチナールの原料になるのが「ビタミンA」です。

※よく、分かりやすく表現するために、「ロドプシンの材料がビタミンA」とする情報もありますが、それも正しいということです。

つまり、ビタミンAが不足⇒ロドプシンが不足⇒視神経から脳に情報が伝わりにくくなることで夜盲症が起こります。

【さらに正しく理解したい方向けの情報】

ロドプシンは、タンパク質である「オプシン」と、ビタミンAが原料になっている「レチナール」結合してできたものです。

光が目に入ってくると、結合していたレチナールとオプシン(ロドプシン)が分離し、その時に発生する電気信号を用いて脳に情報を伝えています。

ロドプシンは「再合成」ができますが、これは、分離したレチナールとオプシンが再び結合するからです。※ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンがこの再合成を助けると言われています。

【ロドプシンが不足しないための脂溶性ビタミンがビタミンAです】

ビタミンAはこのようにロドプシンの材料となっている「レチナール」の材料ですから、不足してはいけません

ですから、ビタミンAは「脂溶性ビタミン」なのです。脂溶性ビタミンは水溶性ビタミンと違い「貯蔵」できます。貯蔵するからこそ、目が見えているのですね。

ちなみに、ビタミンAの90%は肝臓に蓄えられています。ですので、肝臓の状態が悪いとビタミンAをいくら摂取しても夜盲症が改善しないこともあるため、肝臓の健康も大切にしましょう。

ビタミンA欠乏症の人はタンパク質も不足していることが多い?

また、夜盲症を発症する人の特徴として「タンパク質が不足している」ことが多いという事があります。

ここまで説明してきたように、ロドプシンは「オプシン」というタンパク質と、ビタミンAが材料の「レチナール」が結合したものだからです。

また、ビタミンA欠乏症の人の多くは、「慢性的な栄養不足」の状態の人も多くいます

ビタミンAだけを摂取しても、栄養を運ぶ力、他の内臓機能の低下などが原因となって夜盲症が発症することもありますので、普段の食生活から改善しなければいけないこともあるのです。

夜盲症の原因と予防対策方法

では、なぜビタミンAが不足してしまうのでしょうか。この原因を3つ見ていきましょう。

原因と予防対策①:食生活の乱れ

ビタミンAが多い代表的な食べ物としては、ほうれん草やかぼちゃ、レバーやうなぎが代表的です。

「意識して摂取している」と思う人もいるかもしれませんが、それでも慢性的に不足している可能性もあります。

下記は代表的なビタミンAが多い食品の1日あたりのビタミンA含有量です。

ほうれん草 モロヘイヤ かぼちゃ
280μg 504μg 264μg
豚レバー うなぎ にんじん
10400μg 1500μg 216μg

それに対して、1日に必要なビタミンA量は、日本人の食生活摂取基準によると、成人男性で850μg、成人女性で650μgが必要です。

基本的にビタミンAは野菜から摂取しますが、上記の表を見ていただくと分かる通り、とても足りないのです。

また、毎日かぼちゃやほうれん草を食べるという人も少ないですから、いとも簡単にビタミンAが不足することは容易に想像できるのではないでしょうか。

【ビタミンAの1日の摂取上限量は?】
ビタミンAは過剰摂取による過剰症が発症することでも有名ですが、1日あたりの摂取上限量は成人男性・女性共に2700μgです。

多くの場合は過剰摂取になりません。むしろ、「ビタミンAが、脂溶性ビタミンで体に悪い」ということが言われており、多くの人が「不足」しているのが現状です。

原因と予防対策②肝臓の疾患

先ほど赤枠内でお伝えしましたが、ビタミンAを貯蔵するのは肝臓です。ですので、肝臓の状態が悪いことも原因として考えられます。

夜盲症の人のうち、どれくらいが肝臓疾患を患っているのかというデータはありませんが、直接的に関係していますので、肝臓スコアの悪い方や、アルコールの頻度が高い方は、肝臓の健康にも注意してみましょう。

原因と予防対策③サプリで補っていない

原因①で紹介したように、ビタミンAは摂取しても意外と摂取できていません。ですので、食生活が乱れているか否かに関わらず、「サプリメント」での栄養補給は推奨です。

また、サプリメントの中には、「アントシアニン」を含んだものもあります。アントシアニンはロドプシンの再合成を助けるはたらきがあり、夜盲症の予防や改善にも効果があります。

夜盲症の症状を感じている方や、夜間の視力が落ちることがある方は、サプリメントの使用がおすすめです。

当メディアスタッフの中でも一番人気で、アイケアサプリの中でも口コミ評価が高いのが「めなり」ですが、こちらで紹介している他のサプリを選んでも良いでしょう。

ガンと関係もあるビタミンA

夜盲症や鳥目など「目」に関わることだけでなく、ビタミンAは「ガン」とも関係があることが分かっています。

ビタミンAは先ほど赤カッコ内で触れましたが、「免疫力」にも関係しているからです。

実際に行われた調査では、ビタミンAの摂取量が十分な人と、不足している人を比べた時に、がん疾患の発生率に5倍~7倍の差があることが分かっています。

さいごに

このページでは夜盲症(鳥目)とビタミンAの関係性について紹介してきました。また、それとともに、ビタミンAの貯蔵庫である「肝臓」との関係性も紹介してきましたがいかがでしたか?

「ビタミンAの役割」について、少しでも理解が深まったものがあれば、嬉しい限りです。

夜盲症は画期的な治療法がないとされています。その反面で、今回紹介したように、ビタミンAとの関係性など分かっていることもあります。

特にビタミンAの不足が原因の夜盲症は、ビタミンAを摂取すれば当然改善します。

しかし、これは「摂取してみなければ分からない」部分がありますので、まずはビタミンAの原料であるβカロテンの機能性表示食品「めなり」を試してみてはいかがでしょうか。

また、他にも目に良いサプリを厳選して当メディアでは紹介しています。それぞれ比較していますので、そちらも是非参考にしてください。

目にいいサプリ比較ランキング
ご訪問ありがとうございます。世の中には、ルテインサプリやブルーベリーサプリ等「目にいい」を謳うサプリメントはたくさんありますよね。 しかし...
ゼアキサンチンサプリランキング
ルテインと共に重要な目に良い栄養素が「ゼアキサンチン」です。 ゼアキサンチンは、ルテインが体内から変換して作られるため、ゼアキサンチンの配...
最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

眼精疲労で眼を温める女性

眼精疲労は目を冷やす?温める?どっちがいいの!?

ドライアイにおすすめのコンタクトは?

ドライアイの人のコンタクト・・・おすすめってどれ?乾かないレンズ選び

セルフドクターズの疲れ目チェック

疲れ目チェックサイトのまとめ!頑張りすぎていませんか?

目の奥が痛い女性

目の奥が痛い原因とは?6つの原因と5つの改善方法

眼圧を下げる方法

眼圧を下げる方法とは?眼圧が高いと言われたらやりたい8つのこと

NO IMAGE

斜視の原因は何?遺伝やストレス、スマホも関係しているの?