何だか見えにくい!もしかしたら中心性漿液性脈絡網膜症?

数ある眼の病気の中でも50代の方に多いのが中心性漿液性脈絡網膜症です。

中心性漿液性脈絡網膜症とは、眼の奥の真ん中あたりにある黄斑という部分に水が溜まり、その水ぶくれにより部分的に網膜剥離が起こって眼の機能が低下する病気です。

自然治癒することもありますが、視力が低下したまま放置してしまうこともあります。

今回は中心性漿液性脈絡網膜症の症状や原因、治療法について詳しく調べてみました。また、再発することもあることから、最後には、再発防止のための予防法も紹介しています。

早期発見・早期治療のきっかけになれば幸いです。

中心性漿液性脈絡網膜症を疑ってみる症状は?

中心性漿液性脈絡網膜症の主な症状の1つに視力低下があります。これは、網膜剥離が起こることによって網膜細胞の機能が正常に働かなくなるためです。

網膜細胞とは網膜を形成する細胞のことで、網膜細胞の機能に障害が生じると網膜に影響が及び、光を感じ取ってそれを視覚情報に変換するという働きが正常に行われなくなり視力低下に繋がります。

その他にも網膜細胞の機能低下によって起こる症状はいくつかあります。

例えば視野の中心部分が周りと比べて暗く感じたり、物が歪んだり小さく見えたり、実際の色とは違った色に見える色覚異常が出たりします。

また、遠視になることもあります。これは、黄斑にできた水ぶくれの分だけ網膜の位置が前方に移動するためです。

眼の奥行の長さを眼軸長と言いますが、視力はこの眼軸長と角膜・水晶体の屈折力によって決まります。

網膜の位置が前方に移動すると眼軸長は短くなり、網膜上でピントが合わずに網膜より後ろでピントが合います。

そのため遠くを見る時は少しのピント調節で見えますが、近くを見る時はしっかり調節しないとよく見えません。

遠視は遠くを見る時も近くを見る時も両方ピント調節が必要なので、非常に疲れやすい眼であると言えます。

中心性漿液性脈絡網膜症は何が原因?

中心性漿液性脈絡網膜症は黄斑にできる水ぶくれによって発症することは分かっていますが、なぜ黄斑に水ぶくれができるのでしょうか

網膜色素上皮層のバリア機能

黄斑に水ぶくれができるのは、網膜色素上皮層のバリア機能が低下するためです。網膜色素上皮層とは網膜を構成する何重もの薄い層の1つで、脈絡膜のすぐ外側にあります。

網膜色素上皮層は網膜に異物が入るのを防いだり脈絡膜に老廃物を戻す働きをしており、この働きを網膜色素上皮層のバリア機能と呼んでいます。

網膜色素上皮層のバリア機能が低下すると網膜よりも外側から眼球を覆っている脈絡膜の中の水分(漿液)が網膜側に溢れて入り込み、その漿液が網膜色素上皮層と網膜視細胞層の間に溜まって水ぶくれができてしまうのです。

なぜバリア機能が低下するのかは分かっていない

水ぶくれができた部分は網膜色素上皮層と網膜視細胞層が離れているので網膜剥離が起こっている状態になり、眼の機能の低下に繋がります。

黄斑に水ぶくれができないようにするためには網膜色素上皮層のバリア機能低下を防止しなければいけません。

なぜバリア機能が低下するのかは現代の医学ではまだはっきりとは解明されていませんが、過度なストレスや医薬品の副作用などによって網膜への血行が悪くなり、脈絡膜にある多くの血管に循環障害が生じて、水漏れが起こったり血流が悪くなることでバリア機能が低下すると考えられています。

中心性漿液性脈絡網膜症の診断や治療の方法は?

ここでは、中心性漿液性脈絡網膜症に関して、どのような検査を行い判断するのか、治療方法にはどんな方法があるのかを紹介していきます。

中心性漿液性脈絡網膜症の検査

眼底検査にて黄斑に水ぶくれが発見されたら、中心性漿液性脈絡網膜症の疑いがあるため蛍光眼底造影という検査を行います。

蛍光眼底造影とは、腕に造影剤を注射して体内に注入された造影剤が眼球内に到達する時の様子を観察するというものです。

網膜色素上皮層のバリア機能が低下していれば、造影剤が漏れ出し眼底に広がってくるのが確認できます。造影剤の漏れ出し具合によって中心性漿液性脈絡網膜症の進行程度を診断します。

中心性漿液性脈絡網膜症は通常3か月から6か月程で自然治癒する病気ですが、何度も再発したり症状が長引くと水ぶくれが引いた後も視力が元に戻らず低下したままになってしまう場合があります。その時は治療が必要です。

中心性漿液性脈絡網膜症の治療方法

治療方法はレーザー光凝固術や薬物治療などがあります。

レーザー光凝固術とは、蛍光眼底造影で発見された漏れ出しているポイントにレーザー光線を照射して細胞を凝固する治療法です。

すると凝固された細胞を修復しようとする働きが強まり、結果的に網膜色素上皮層のバリア機能が復活します。

このレーザー光凝固術は早期の治癒が期待できます。

薬物治療は、レーザー光凝固術が施せない部分に漏出点がある人や蛍光眼底造影をしても漏出点が分からない人に対して行われます。

中心性漿液性脈絡網膜症の再発予防と完治のためにできること

ここまで中心性漿液性脈絡網膜症について紹介してきましたが、基本的に自然に治ることも多いのが中心性漿液性脈絡網膜症です。

しかし、中心性漿液性脈絡網膜症は再発を繰り返す病気でもあります。では、そんな再発防止に有効な方法はないのでしょうか?

ストレス対策

まず、中心性漿液性脈絡網膜症の原因でもふれたとおり、「ストレスが原因」なのはほぼ間違いないと言われています。そのため、ストレス対策をするというのは、有効な手段の1つだと言えるでしょう。

ルテインの摂取

また、中心性漿液性脈絡網膜症に対してのルテインの効果は現在検証されているようですが、中心性漿液性脈絡網膜症にかかったことがある人の場合、失明を引き起こす「加齢黄斑変性」へのリスクも高まることが分かっています。

この加齢黄斑変性に対しては「ルテイン」に予防効果があると言われています。そのため、ルテイン含有サプリを摂取しないよりは摂取した方が良いとも言えるでしょう。

ただし、中心性漿液性脈絡網膜症に対しては、まだまだ不明点が多く、必ず効果があるわけではありません。「やらないよりは良い」という程度だと考えるのが大切です。

ルテインサプリ人気TOP5
ルテインサプリにはたくさんの種類がありますが、一体どのルテインサプリが人気なのでしょうか? このページでは、「人気」があって「売れている」...
現代人の目の酷使、平均寿命が延びたことに対するアイケアの重要性から、ルテインサプリが多く販売されるようになってきました。 しかし、その中に...

 

最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

近視を治す方法とは?

近視を治す方法とは?現代の近視治療法と5つの生活習慣

目のクマを消す方法とは?13のクマ撃退法【まとめ】

スマホと視力低下

スマホの使いすぎが視力低下に?!目が悪くなるのを防ぐための予防法について

眼圧を下げる方法

眼圧を下げる方法とは?眼圧が高いと言われたらやりたい8つのこと

ルテインの効果

ルテインの効果とは?8つのメリットと副作用

ドライアイの原因

ドライアイの原因って何?知ってるようで知らない9つの事実