目のクマを消す方法とは?13のクマ撃退法【まとめ】

目のクマがあると見た目が「老け顔」や「疲れ顔」になって、なんだかパっとしないことがあります。

また、「最近疲れているのかなぁ」「寝不足だったからなぁ」と健康も気になるところですね。

しかし、まずは目のクマを消すことが大事

そんな方に向けて、このページでは、美容皮膚科に通うことなく、誰でも自宅できる「目のクマを消す方法」を青クマ、茶クマ、黒クマの状況別でまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

目のクマを消す前に・・・あなたのクマは何クマ?

目のクマを消す方法の前に・・・あなたのクマは何クマ?

一般的には「目のクマ」と一言で表現されますが、実はクマには3種類あります。それが

  1. 青クマ(最もポピュラーなクマ)
  2. 茶クマ(シミが原因のクマ)
  3. 黒クマ(加齢が原因のクマ)

の3つです。まずは、自分がこの3つのどれに当てはまるのかをチェックすることから始めましょう。

青クマの症状

青クマはクマの中でも最も一般的なクマです。「目の下にクマができて・・・」という時のほとんどが青クマで、どのタイプのクマか分からなかった時にも、青クマ対策から始めると効果が出ることが多いです。

特に不規則な生活、睡眠不足、体調不良、眼精疲労などの症状があったり、目の周りの血行が悪くなっていると感じている方は、「青クマの原因と対策方法」から読み進めていきましょう。

>>目の青クマの原因と消す方法はこちら
※ページ下部にジャンプします。

茶クマの症状

茶クマの主な原因は「シミ」です。シミですので、どの角度から見ても同じ色をしているのが特徴です。

シミですので青クマと同時に起こることもありますが、「時間が経っても消えないクマ」であれば、茶クマの対策からしていきましょう。

>>茶クマの詳しい原因と消す方法はこちら
※ページ下部へジャンプします

黒クマの症状

黒クマの正体は「影」です。原因は皮膚のたるみや加齢による皮膚痩せです。

影ですので、上を向くと影が目立たなくなるという特徴があります。上を向いてクマがなくなったように感じれば、黒クマ対策をしていきましょう。

>>黒クマの詳しい原因と消す方法はこちら
※ページ下部へジャンプします。

まずはタオルで温めてみて!

どのタイプのクマだとしても、まず試してみて欲しいことがあります。それは「温タオル」を使って目を温める方法です。

この方法は即効性がある場合がありますし、自宅でも簡単にできるため、クマが消えないとしても「やってみる価値」が十分にある方法です。

やり方は簡単。タオルを濡らして、電子レンジで30秒ほどあたため、目に当てるだけです。

この方法は「青クマ対策」としても特に有効ですが、どの方法よりも「短時間」で「簡単」にできますので、まずは温タオルで目を温めてみてくださいね。

目の青クマを消す方法 5選【まとめ】

目の青クマを消す方法

目の青クマは、生活習慣に何かしらの乱れがあったり、睡眠時間が少なかったりする時にできるクマの種類です。

まずは青クマの原因を知ろう

生活習慣の乱れや睡眠時間と言っても、具体的には、何が青クマの原因になっているのでしょうか?

まずは原因を見つめて、当てはまるものがあれば、そこを重点的に改善するようにしていきましょう。

原因1:血行不良の証です

まず、青クマの1番の原因は「血行不良」です。これから紹介する原因が元となって、血行不良が起こっている場合がほとんどです。※コラーゲン不足が原因の方もいます。

では、何が原因となって、目の血行不良が起こるのでしょうか?

原因2:睡眠不足や生活リズムの乱れ

目の周りが血行不良になる原因の1つが「睡眠不足」や「生活リズムの乱れ」です。

徹夜をしたり、夜中まで勉強・仕事をしたりすると体全体の血行が悪くなり、青クマができます。

しかし、睡眠不足が原因の場合は寝れば治ることも多いので、コンシーラーなどで1日だけ隠して過ごしてみても良いですね。

原因3:ストレス・疲れ・目の疲れ

慢性的にストレスを感じている、目を酷使している方は、目の周りの筋肉が緊張し、結果的に目疲れを起こして青クマとなることがあります。

ストレスケアは難しいですが、出来る限り目の緊張をほぐしてあげることが大切です。

下記で紹介する「スプーンを使った方法」や、「温める方法」「リンパマッサージ」が特におすすめです。

原因4:ドライアイ

パソコンやスマホの使用が多く、ドライアイを感じている方に、青クマの症状を訴える人は多いということが分かっています。

ドライアイは目が乾き、疲れている状態です。血行も悪くなっています。

目薬を使うとドライアイは一時的に改善しても長期的には悪化しますので、目薬以外で解消できるカシスやルテイン配合のサプリメントを使いましょう。

ルテインサプリ人気TOP5
ルテインサプリにはたくさんの種類がありますが、一体どのルテインサプリが人気なのでしょうか? このページでは、「人気」があって「売れている」...

原因5:冷え症が原因になることも?!

女性に多いのが「冷え性」ですね。冷え性は、昔から万病の元と言われるように、冷え性が頭痛や腰痛を引き起こしたり、肩こりを引き起こしたりと、様々な体の不調の原因となっています。

そして、冷え性であることは血行不良でもありますので、冷え性でない方に比べて、ちょっとした睡眠不足や目の疲れでも、青クマができやすくなっています。

目の青クマを消すには?

では、どうしたら青クマを消すことができるのでしょうか?次は具体的な青クマ対策方法を紹介します。

①ホットアイマスクなどを使って目をあたためよう!

青クマの正体は血行不良であることが多いですので、ホットアイマスクやホットタオルで温めると、すぐに消えることがあります

しかし、効果に即効性がある反面で、注意点もあります

それは、一時的に血行が良くなったことによって改善されたと思いがちで、ついつい温め過ぎてしまうという事です。

やりすぎは良くありませんので、下記で紹介する方法と併せて行うことが大切です。

②ネットで話題!スプーンを使ってクマ消ししてみよう!

ホットタオルやホットアイマスクと併せて行いたいのが、ネットで話題になっている「スプーン」を使ったクマ消し方法です。スプーンを使って目の周りの血行を良くします。

簡単に説明すると、ホットタオルで温めた目を、冷蔵庫で冷やしたスプーンで冷やすという方法です。

スプーンのカーブが目にフィットして気持ちが良いと話題ですが、冷水で冷やしたタオルを使っても問題ありません

③ストレッチやリンパのマッサージをして血流をよくしよう!

温める、冷やすというのは、簡単な方法でありながら、やり方を間違えると目に悪影響であることも分かっています。

目を温めたたり冷やしたりするのが怖いという方や、めんどくさいという方は、簡単なマッサージをしてみましょう。

④運動不足なら軽い運動をしてみよう!

もしあなたが慢性的な運動不足であれば、軽い運動(大切!)を生活に取り入れることで、青クマが解消されたり、以前よりも青クマができにくくなります。

運動不足は血行不良ではなく、体全体の様々な病気にも関係していますし、肥満予防にもなりますので、適度な運動は日常的に行いましょう。

⑤加齢が原因なら目元のコラーゲン強化をしよう!

血行不良ではなく、加齢によるコラーゲン不足が青クマの原因になることもあります。

加齢に伴ってコラーゲンが不足しているからで、こればかりは化粧品でコラーゲンを補ってあげることしかできません。

そこでよく利用されているのが「アイキララ」という商品です。アイキララは医学誌「医学と薬学」にも掲載されており、医学的な効果効能の評価がされた製品になっています。

そのため、「使い切った方」に限りますが、全額返金保証もあります。効果がなければ0円でお使いいただけますので、当メディアでも推奨するクマケア化粧品となっています。

>>アイキララ

⑥カシスの入ったルテインサプリメントを摂取しよう

最近の研究で、カシスを摂取することによって、15分後から、目の周りの血流量が大きく改善することが分かってきました。

これはブルーベリーには認められないカシス特有の効果で、実際に当メディアでもカシス成分が目のクマに効果があると確認することができました。

カシス配合のサプリメントとしては、「めなり」というサプリメントが推奨ですが、様々なルテインサプリメントが配合されていますので、そのようなサプリを利用してみるのもいいかもしれません。

めなりの評判や口コミは?
眼精疲労や眼病予防に効果があると言われている「めなり」ですが、買う前は「本当なのだろうか?」「成分はしっかりしていそうだけど、効果はあるのか?」...
みやびビルベリープレミアムαの口コミ
ブルーベリーサプリにはたくさんの種類がありますが、その中で「質」という面でも「人気」という面でも有名なのがみやびのブルーベリーサプリ「ビルベリー...
ルテインサプリ人気TOP5
ルテインサプリにはたくさんの種類がありますが、一体どのルテインサプリが人気なのでしょうか? このページでは、「人気」があって「売れている」...

※NIH(アメリカ国立衛生研究所)によって「ルテイン」「ゼアキサンチン」が加齢黄斑変性の予防に効果があるということが発表されました。カシスとともに、ルテインやゼアキサンチンの配合有無も必ず確認してください。

目の茶クマを消す方法とは?

目の茶クマの原因は「シミ」「メラニン色素の沈着」です。まずは、茶クマの原因について詳しく見ていきましょう。

茶クマの原因は主に3つ!

茶クマの原因は主に「3つ」あります。1つだけが原因となっていることもあれば、3つすべてが原因となっていることもあります。

原因1:メラニン色素の沈着(シミ)

メラニンと言うと「紫外線」「日焼け」といったイメージがある方も多いと思います。

しかし、メラニン色素が沈着するのは、日光によるものだけではありません。例えば、目を強くこすることによってもメラニン色素は発生し、沈着します。

原因2:加齢による肌質の悪化

肌質の悪化によっても茶クマになることがあります。

肌質が原因の場合は、肌質が悪化することによって光が乱反射したり、ターンオーバーがうまく行われずに肌が透明感を失ったりすることで茶色く見えます。

原因3:悪い血液循環

血液循環が悪いと肌の透明感も失われます。健康な肌ほど血行が良く、透明感がありますが、透明感を失った肌は、くすみがちで、茶クマとなってあらわれることがあります。

このように肌への刺激(紫外線やこするなど)や保湿不足、肌環境の悪化が茶クマの原因です。

目の茶クマを解消するには?

目の茶クマは、シミや肌質によるものが多いため、短期的にはなかなか改善しづらいクマです。

もしかしたら「短期間で治ります!」というものもあるかもしれません。もしそういう方法があればやってみる価値はあると思いますが、効果がない前提でやってみましょう。

放っておくと、5年後、10年後にさらに悪くなっていることもありますので、時間がかかっても、「正しく」茶クマ対策をしてくことが大切です。

①紫外線対策は年中行うこと

シミの大きな原因の1つが紫外線です。紫外線対策は年中必要ということは分かっていても、「夏だけする」という方が多いのが現状です。

ついつい「周りが(紫外線対策を)していないから」と流されてしまうのが春や秋冬といった季節ですが、そういった季節でもしっかり紫外線対策をしましょう。

また、よく言われることではありますが、塗る日焼け止めを使う際には、肌に優しくSPF30程度のものを、こまめに塗り直して使うことが大切です。

②ビタミンC誘導体の入った美白化粧品を使う

茶クマはシミやメラニンが原因ですので、メラニンが原因のシミを改善する効果のある「美白化粧品」が効果的です。

ここでは茶クマにおすすめな美白化粧品を3つ紹介します。

大人のシミに効果を届ける「BIHAKU」
<BIHAKUの特徴>

  1. 肌に優しく、メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぎます
    BIHAKUは、黒色のメラニンに働きかける、「油溶性ビタミンCを配合した」化粧水です。それとともに、色素沈着を予防する「ユリ」やメラニンの生成を抑えるユキノシタ、ゲットウ葉という植物由来成分を配合しています。
    着色料や香料、鉱物油なども不使用で、肌に優しいという特徴ももっています。
  2. 大人の肌でも浸透する導入効果
    BIHAKUは大人の女性に向けて開発された美容液です。大人の肌は、化粧水を使っても成分がなかなか浸透しにくく、うるおいも逃げやすくなっています。
    しかし、BIHAKUは、そんな大人の肌でもしっかり浸透する化粧水です。茶クマの原因のシミのある部分にもしっかり浸透していきます。
  3. 1本でOK!990円で継続の必要もありません
    BIHAKUは1本で「導入+美白+うるおい+ハリ」の4役をする化粧水です。忙しく多忙な方でもしっかりケアをすることができます。
    また、茶クマは目をこすりすぎることによっても起こりますが、1本で済むので、必要以上に肌を刺激することがありません。
価格 初回990円/2回目以降3420円
継続縛り なし:初回解約OK
評価
その他 薬用・医薬部外品
BIHAKU
第一三共ヘルスケアの「ブライトエイジ」
<ブライトエイジの特徴>

  1. ロキソニンやリゲインで有名な第一三共ヘルスケア美白化粧品
    ブライトエイジは、ロキソニンやトランシーノ、リゲインなどで有名な第一三共ヘルスケアの美白化粧品です。
    第一三共ヘルスケアのオリジナル成分で医薬品にも使用される「トラネキサム酸」が美白成分として浸透し、くすみやハリの低下を抑制し、茶クマだけでなく肌全体のエイジングケアもしてくれます。
  2. 全額返金保証があります
    ブライトエイジのお試しセットは、メイク落とし、洗顔料、化粧水、美容液がそれぞれ10日分セットで1400円です。
    効果がなければ30日間全額返金保証がありますので、まずは試してみて、自分の茶クマがどう変化するのかを試し、効果がなければ返金してもらうこともできます。
  3. 結果に自信がある
    ブライトエイジにはビタミンC誘導体が配合されていません。それでも2位としたのは、圧倒的な自信です。
    ブライトエイジは医薬品開発の観点から誕生し、第一三共ヘルスケアのオリジナル成分と技術を詰め込んだ美白化粧水です。
価格 初回1400円(買い切り・10日分)
継続縛り なし
評価
その他 第一三共ヘルスケアオリジナル成分配合
ブライトエイジ


まずはクマ解消が第一優先「アイキララ」
<アイキララの特徴>

  1. 目のクマ専用美容液
    アイキララは、「本気で目の下のクマを解消」することを目的として作られた、クマ専用の美容液です。
    「隠してごまかす」のではなく、「根本から治す」ことを商品コンセプトとしています。
  2. 効果が認められている
    アイキララは日本の医学誌「医学と薬学」に掲載され、その効果や効能を測定する評価試験済みの商品です。
    目元のハリを改善したり、目元の肌リズムを整えたりしながら、あらゆるクマの原因を治すための成分がしっかり配合されています。
  3. 2割の人は効果を実感できませんが・・・
    アイキララは満足した人の割合が80%ですので、2割の人は満足がいかないクマ対策化粧品です。しかし満足いかない場合に使えるのが全額返金保証です。
    効果はあってほしいものですが、万が一効果がないという場合でも、最低限の保証があるのが魅力の1つです。
価格 2384円~
継続縛り なし
評価
その他 モンドセレクション金賞受賞・MGA配合
アイキララ

③抗酸化作用のある食品を摂取しよう

化粧品でケアするとともに、メラニンの生成を抑えたり、活性酸素を除去する「抗酸化作用」のある食品も効果的です。

抗酸化作用のあるビタミンはA、C、Eで、ビタミンACE(エース)と呼ばれることもあります。

それらのビタミンの他にもポリフェノールや、トマトに多く含まれ、人間の第7の栄養素と呼ばれるリコピンなども効果的です。

目の黒クマを消す方法とは?

ここまで「青クマ」「茶クマ」の原因と対策方法を紹介してきましたが、最後に「黒クマ」の原因と対策方法について紹介していきます。

黒クマの原因は2つ!この2つが恐ろしい

黒クマの原因は主に2つあります。この2つは、分かってはいても改善しづらいものです。

後で紹介する対策をしても、なかなか良くならないことから、途中であきらめてしまう人も多いです。

実際、一昔前までは、黒クマは美容皮膚科の手術を受けるしか治療方法がないとされていました。

しかし、今は自宅でもしっかりケアすれば、良くなることも分かっていますので、時間がかかっても、あきらめず黒クマ対策をしていきましょう。

原因1:加齢による皮膚痩せ・皮膚の菲薄化

黒クマの1つ目の原因は加齢による皮膚痩せや皮膚菲薄化です。

特に目の下の皮膚はもともと他の皮膚よりも薄く、コラーゲン層も薄いことが分かっています。

「加齢によって肌質の変化を感じたのは黒クマが最初だった」という人が少なくないのが特徴です。

原因2:目の下のたるみ(筋肉の衰えとコラーゲン不足)

また、加齢による目の下のたるみも原因の1つです。年齢を重ねるとどうしてもコラーゲンは不足していきますし、筋肉も衰えていきます。

では、どうしたら黒クマをなくすことができるのでしょうか?

目の黒クマをなくすには?!

先ほどもお伝えした通り、簡単ではありませんが、自宅でも黒クマ対策ができるようになりました。ここでは、そんな自宅でできる黒クマ対策を紹介していきます。

①表情筋トレーニングでたるみ改善!

まずできるのが表情筋のトレーニングです。これによってたるみを改善し、黒クマの原因となっている影をなくしていくことができます。

表情筋を鍛えるグッズも世の中にはありますが、筋肥大を目指すわけでもありませんので、道具を使わず、自然な状態で行うのがおすすめです。

②目の周辺にコラーゲンを化粧品で補給しよう

表情筋を鍛えるとともに行いたいのが、目の下へのコラーゲンの補給です。目の下は特にコラーゲン層も薄く、不足した状態になっています。

そこで使いたいのが先ほど紹介したアイキララです。アイキララは、下まぶたのコラーゲンが失われることに対して効果のある美容液でもあります。

また、コラーゲンを補給するだけではなく、MGAというビタミンC誘導体を配合しており、加齢で失われたハリや弾力を覚醒させるはたらきがあります。

>>アイキララ

③困ったときは、カバーメイクで隠してしまおう

しかし、黒クマとの戦いは長期間に及びます。ですので、「黒クマを隠すメイク術」も併せて身につけておくと、その長期的な戦いを生き抜くことができます。

表情筋を鍛えることやアイキララを使用することが「攻め」であれば、カバーメイクを身につけることは「守り」です。

攻めと守りを上手に使い分けて、長期戦を制していきましょう。

さいごに

ここまで青クマ、茶クマ、黒クマの原因と解消法を紹介してきましたがいかがでしたか?

目のクマはできるとショックですが、目のクマ対策は、今は自宅でもでき、手術も必要ないため、一昔前に比べたら悩む人が少なくなってきたのも事実です。

化粧品なども必要な場合もありますが、それでも1000円~2000円です。手術をすると30万円~40万円かかることを考えると、非常に安価で簡単な方法ではないでしょうか。

特に青クマではない「茶クマ」「黒クマ」は肌の老化によるものやケアが必要です。今からケアを始めるのと、5年後にケアを始めるのとでは、必要な努力が何倍も違ってきます。

「気づいたら対策」「できることからやる」の考え方を基本に目のクマ対策をしていくことが、目のクマ対策には求められているように感じます。

>>アイキララ

○目の疲れによるクマに有効なサプリメントとは?

眼精疲労サプリメントランキング
現代人には欠かせない、栄養を補ってくれるサプリメント。そんなサプリメントの中には、辛い「眼精疲労」を緩和してくれる「眼精疲労対策サプリメント」が...

○パソコンを使用する人は必見!まずは3つの設定をやってみよう!

今から20年前は、パソコンがある家も少なく、仕事で使うこともなかったのですが、今ではパソコンで仕事をするのが当たり前の世の中になってきました。 ...
最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

目の違和感の原因、対処、予防法

目の違和感の正体は?何もないのにゴロゴロする、痛い時は?

光視症の原因と症状と治療方法!そして治るのか?について

ドライアイの治し方を自力でやる男性

ドライアイの治し方、自力でも効果がある方法

眼圧が高い原因にパソコンやコンタクトは関係ある?

眼圧が高い原因にパソコンやコンタクトは関係あるの?

眼圧を下げる方法

眼圧を下げる方法とは?眼圧が高いと言われたらやりたい8つのこと

ルテインの効果

ルテインの効果とは?8つのメリットと副作用