ルテイン×ゼアキサンチンで悩み解消!重要な関係性は○○にあった

ルテインとゼアキサンチンの関係性

「最近目の疲れがひどいかも」
「目の健康をもうそろそろ考えないとなぁ」

そう思った時に使ってみたいのが「ルテイン」ですが、ルテインと併せて「ゼアキサンチン」も摂取することが大切です。

今回は、「なぜ両方摂取するのが必要なの?」という理由から、それぞれの摂取量、摂取の方法、注意点まで、ルテインとゼアキサンチンの関係性について紹介します。

ルテインとゼアキサンチンが必要な背景

「長時間のスマホ」「長時間のパソコン」など、目を使い、目を疲れさせるアイテム(ゲーム、PC、スマホ等)が世の中にはたくさん出てきました。

だからこそ今では「目の悩み」は「身近」にあり、「現代病」とまで言われれいます。昔に比べて加齢性黄斑変性症で失明する人も増えており、緑内障や糖尿病性網膜症に次いで多い病気で、「失明」がより「一般的に」なってきたのです。

これは日本に限らず、世界全体でそのような流れになってきているのですが、その原因は「現代のライフスタイル」によるものが大きいとされています。

だからこそ、そんな目の病気の予防のために「ルテインサプリメント」が必要とされているのです。

目に必要なルテインとゼアキサンチンの役割とは?

「ルテインってどんな働きなの?」
「なんでルテインだけじゃなくてゼアキサンチンも必要なの?」

知識がある方であれば、「ルテインもゼアキサンチンも同じカロテノイドだし」「成分構造は似ているんじゃないの?」と思ったかもしれませんが、ルテインだけではなく、ゼアキサンチンも併せて摂取するのが目に良いとされています。

ルテインとゼアキサンチンの「役割の共通点」には以下のことがあります。

  1. ブルーライトから目を守る
  2. 目の細胞の酸化から守る(抗酸化作用)
  3. 加齢黄斑変性の予防
  4. 白内障の予防
  5. 目の疲れ対策

よく言われるのは、これらのことでしょう。

そしてその際には、「どちらも構造が似ていて同じ働きをする」とよく書かれています。それであれば、「ルテイン」か「ゼアキサンチン」のどちらかを摂取すればいいということにもなりますが、それは違います。

ルテインとゼアキサンチンの両方を摂取するのは「構造が違うから」です。ですので、「ルテインとゼアキサンチンは『あわせて』摂取することが『望ましい』」ということです。

では、ゼアキサンチンのルテインと違う役割とはなんでしょうか?

ゼアキサンチンの役割 ルテインと違うこと

「ルテイン」と「ゼアキサンチン」。このように名称が異なるのは、「構造が異なるから」です。構造が異なれば当然「役割」も違う部分が出てきます。

そして、その「違う部分」は主に「存在する部分」に表れています。

  1. ルテインは「網膜周辺部位」に主に存在します
  2. ゼアキサンチンは「黄斑中央部」に主に存在します

ルテインとゼアキサンチンは「異性体」です。同じ種類の原子を持っていて、違う構造をしているということです。

「同じ種類の原子を持っている」ということは、ルテインとゼアキサンチンの役割や効果に共通点があることを示しています。しかし、「構造が違う」ので、存在しやすい場所も違ってくるんですね。

だから、「網膜周辺部位」も「黄斑中央部」も守るためには、ルテインやゼアキサンチンが必要なのです。

ルテインとゼアキサンチンを増やす生活習慣

ではどのようにすれば、ルテインとゼアキサンチンを増やすことができるのでしょうか?

この答えは「食事」にあります。ルテインもゼアキサンチンも「産まれながら」に目に存在する物質で、これは「体に絶対に必要なもの」ということを表していますが、実は体内で生成されるわけではありません

つまり「食事から」しか摂取することができないのです。

でも、ルテインやゼアキサンチンを増やすことを難しく考えなくても大丈夫。ルテインとゼアキサンチンが「多く含まれた食品」を知っておけば、あとは積極的にそれらを摂取するだけになります。

ルテインとゼアキサンチンが多い食品

ではルテインやゼアキサンチンが多い食品にはどのようなものがあるのでしょうか?そこで覚えておきたい食品が3つあります。

  1. ケール(青汁の原料)
  2. ほうれん草
  3. ブロッコリー

ケールやほうれん草は「ルテインとゼアキサンチンが豊富」として知られています。しかし「ブロッコリー」はなかなか聞かないかもしれません。

ここで「ブロッコリー」を紹介したのは、「ルテインやゼアキサンチンもそれなりに含有していて」なおかつ「他の栄養価も高いから」です。また、ケールやほうれん草に比べて「毎日摂取しやすい」というのも、ブロッコリーを紹介した理由です。

「もっとルテインやゼアキサンチンが多く含まれた食品を知りたい」

そんな方は、下記記事でルテインとゼアキサンチンの多い食品とそれぞれの配合量を書いていますので、ぜひ下記記事もご覧ください。

ルテインの多い食品
目に良いからこそ摂取したいルテイン。 このページでは、そんなルテインが摂取しやすい食べ物・食品(※1)について書いていきます。 そし...

ルテインとゼアキサンチンは、サプリでも摂取する「必要」がある

しかし、残念なことに、現代人は目を酷使するため大量にルテインやゼアキサンチンを消費します。

さらに、食品で摂取できるルテインは「ルテインエステル」で、体が吸収するには、「ルテインエステル→フリー体ルテイン」に変換する必要がありまして、食品のルテイン含有量=摂取量とはならないのです。(食品含有量の約半分ほどしか摂取できていません。腸内環境が悪ければさらに吸収効率は悪くなります。)

だからこそ、ルテインとゼアキサンチンは「サプリ」でも摂取することが推奨です。サプリで摂取すれば、フリー体ルテイン(体に直に吸収される)を効率よく摂取することができますし、食事ではどうしても足りないルテインやゼアキサンチンを補うことができます。

ではどの程度まで摂取してもよいのでしょうか?

ルテインとゼアキサンチンの摂取目安量

まずは簡単に「摂取目安量」をお伝えすると、

  1. ルテイン:6mg~20mg程度
    ※限度量は体重1kgあたり2mg。体重が50㎏であれば100mgまで摂取可能。
  2. ゼアキサンチン:6mg程度

このようになっています。

よく、ルテイン:ゼアキサンチン=5:1という配合量がいいとされていますが、根拠は不明確ですので、そこは意識することなく、「質が高くて」「配合量が多い」サプリメントを選ぶことの方が重要です。

ルテインの摂取推奨量

ルテインは「6mg以上」が摂取目安となっていますが、特に目を酷使する方の場合は最低でも「10㎎」あることが良いとされています。

また、ルテインやゼアキサンチンの配合の有無や配合量の確認とともに、アスタキサンチンやアントシアニン、クロセチンなどの配合の有無についても確認することがおすすめです。

それらに関しては「ルテインサプリ比較研究所トップページ」にて記述していますので、そちらをご確認ください。

ルテインサプリ比較研究所トップページ

ルテインとゼアキサンチンが必要なたった1つの理由

  1. ルテインは「網膜周辺部位」、ゼアキサンチンは「黄斑中央部」に存在するから

効果効能は「同じ」でも、作用する場所が違う。これこそがルテインとゼアキサンチンを「両方摂取する必要」がある1番の理由です。

さいごに

ルテインとゼアキサンチンは、「食事」と「サプリ」の両方で補うことをおすすめします。また、ルテインやゼアキサンチンには、治療効果はないとされていて、病気になってしまうと、いくらルテインやゼアキサンチンを摂取しても治りません。

「まだ大丈夫」と思うのではなく、「今日から目の病気予防対策」をしていくことが大切ではないでしょうか。

また、「長時間のスマホ」「長時間のテレビ」「睡眠不足」なども目には悪いですので、生活習慣から改善することもぜひ心がけてみてくださいね。

最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

老眼にルテインは効果があるのか

老眼にルテインは効果があるって本当?!大事な成分は△△だった

ルテインとブルーベリーの違いとは?

ルテインとブルーベリー(アントシアニン)の違いとは?

ルテインの摂取量とは?

ルテインの推奨摂取量と上限摂取量 ※1日何mgが良いの?

加齢黄斑変性に対するルテインの効果とは

加齢黄斑変性症に効くサプリメントは?根拠があるのはルテインと○○

ルテインと緑内障

ルテインは緑内障に効果がある?!医学的根拠を探してみました

ルテインの多い食品

ルテインが多く含まれる31の食品