光視症の原因と症状と治療方法!そして治るのか?について

光視症とは、病気ではなく症状のことで、「目がチカチカする」「暗いのに光って見える」など、光の点滅を感じることを言います。

このページでは、そんな光視症の原因として考えられるものと、治療方法、そして光視症は治るのかどうかについて紹介していきます。

光視症の原因とは?

光視症の症状が現れるのは、主に網膜や硝子体が原因であることが考えられます。この時には、どちらの目で光視症が起こっているのか「分かる」場合が多いです。

しかし、中には、「網膜剥離」「ぶどう膜炎」などの症状を伴う場合もあるので、注意は必要です。この時には、どちらの目で光視症が起こっているか分からない場合も多くあります。

どちらの目で光視症の症状があるか分かる時の原因とは?

目の中には水晶体がありますが、水晶体の後ろは透明なゼリー状の硝子体(しょうしたい)で満たされています。

光視症の仕組み説明の目の図

この硝子体と網膜はしっかりくっついているのですが、主に加齢によって、硝子体と網膜が分離していきます。(「分離」と聞くと何かの病気のようですが、これ自体は病気と言うわけではありません。)

この分離の際に、それが刺激となって、「チカチカする」という症状が現れるのです。

もし、「光がチカチカする」のがどちらの目で起こっているかが確認できていれば、基本的には、「問題のない光視症(しかし経過観察は必要)」と判断されることが多いです。

どちらの目で起こっているか分からない光視症の原因とは

もし光視症がどちらの目で起こっているか分からない場合は、脳の血管の異常や頭蓋内病変、ストレス、過労、閃輝暗点(せんきあんてん)など様々な病気が考えられます。

この場合は、検査で何が原因かを探っていくことから始まります

特に光視症の症状が継続する、もしくは明らかに異常である場合には、眼科で正しい検査治療を行うことが大切です。

光視症の原因を自己判断しないことが大切です

しかし、これらは光視症の「よくある例」であり、すべてがすべての人に当てはまるというわけではありません

もちろん「どちらの目で光視症が起こっているか分かるから安心」というわけでもありません。

万が一のことを考えて、眼科で検査をしてもらうことが大切ですし、定期的な健診が早期発見・早期治療になり、重大な眼病のリスクを低下させることにつながっていきます。

光視症の治療法や検査方法は?

しかし、どのような検査が行われるのか不安になる人も多いと思います。そこで、光視症を初めとする「網膜」の病気の一般的な治療方法を紹介します。

1:眼底検査

網膜や硝子体のトラブルでまず検査されるのが眼底検査です。眼底検査をする場合は、散瞳(瞳を開く)するために目薬をさし、眼底の状態を調べます。

また、今後のために、眼底の状態を写真で撮影することもあります。

これによって、網膜の色調や、出血の有無、裂孔や編成の有無を調べることができます。また、眼底検査は、網膜静脈閉そく症や、網膜動脈閉そく症を確認することもできます。

2:視力検査と視野検査

視力検査は視力を測るためにあるのではなく、眼病を判断するための重要な検査です。もし、眼科医が急激な視力低下が起こる病気(加齢黄斑変性など)が疑わしい場合は必ず検査する項目です。

また、視野検査は、病気の進行度を測定するために行われます。これによって、定期健診でどこが大丈夫でどこが異常なのかを判断することができます。

3:多局所ERG

人がモノを見る時には、見たものを電気信号に脳に変換して情報を送ります。この電気信号を調べるのがERGです。

ERGによって、今まで詐病を疑われていたケースがほとんどなくなりました。より目の症状を正しく解析できるようになったという事です。

多局所ERGによって、網膜色素変性症や網膜の機能低下の有無が分かります。また、網膜が障害が起こっていた時には、その部位を診断することができます。

光視症の眼底検査後の注意点は?

光視症の場合によく行われる眼底検査ですが、使用する目薬によって、瞳孔が開いた状態になります。このため、まぶしさを通常よりも感じやすくなり、ピントも合わない状態になります。

「車」や「バイク」を運転される場合は、帰宅時に事故などの心配がありますので、「絶対にダメ」というわけではありませんが、公共交通機関やタクシーを使って眼科に行くのが賢明でしょう。

これについては、各眼科でルールがある可能性もありますので、電話で予約し、確認をしておいてください。

光視症を治す・改善するにはどうしたらいいの?

眼科に行った後適切なアドバイスがいただけるかと思いますが、光視症を悪化させず、治したり・改善したりするには、今のところ「老化させないこと」しか手段がありません。

もちろん目の老化には「過労」「ストレス」「睡眠不足」「血行不良」「肥満」「自律神経」などなど様々な原因があるのですが、だからこそ大切なことが5つあります。

  1. 食生活と睡眠の改善
  2. 肥満の解消と運動
  3. 高血圧であれば、高血圧の治療
  4. ブルーライトや紫外線のカット
  5. ルテインやゼアキサンチンなどのカロテノイドのサプリメントを利用する

これらは、加齢黄斑変性の予防にも効果があると言われる項目です。こうして目だけでなく体全体の老化を防ぐことが、光視症を改善することにつながります

ルテインやゼアキサンチンのサプリメントについては、こちらの記事でおすすめできる厳選3つを紹介していますので、そちらで紹介しているものを使うのが良いでしょう。

光視症だけじゃない!チカチカする原因

また、目がチカチカしたりするのは、光視症だけではありません。目がチカチカするのは、光視症以外にも身近な原因があります。

目がチカチカする原因とは
「目がチカチカしているけど、これって何かの病気なのかなぁ」「原因ってなんだろう」と感じている人は意外に多く、目のチカチカは珍しくない、よくある目...

上記記事を併せてお読みいただき、先ほど紹介した「大事な5つのこと」を意識して、目を大切にしていくことが大切です。

さいごに 眼科も完璧ではないことを知っておこう

さいごになりますが、「眼科に行ったら安心」というわけではないことも、併せてお伝えしておきます。

残念なことに、日本の眼科医のレベルは、眼科先進国のアメリカより10年遅れていると言われています。

これは眼科医によって、技術の差があるという事です。(実際レーシックなどで失明した人がニュースになった時期もありました。あれは、使用している機器の悪さと眼科医のレベルが原因です。)

このメディアに書いてある情報ももちろんですが、もし眼科にかかったとしても、その眼科医の言うことをすべて鵜呑みにしないようにしましょう。「眼科医が言うから間違いない」というのは違うからです。

実際、眼科医の出す本(○○トレーニングなど)によって、白内障になってしまった人もいます。

これが今の眼科医の現実です。

もし診察してもらい、担当の眼科医が信頼できないという場合には、1つだけでなく、セカンドオピニオンももらいながら、自分のために技術の高い眼科医を探すことも大切です。

【関連記事】目の違和感の正体とは?ゴロゴロする、痛い時の原因

【ルテインについての知識】ルテインの推奨摂取量と上限摂取量を知っておこう

最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

眼圧が高い原因とは?眼圧を下げる1+3の方法

近視を治す方法とは?

近視を治す方法とは?現代の近視治療法と5つの生活習慣

NO IMAGE

何だか見えにくい!もしかしたら中心性漿液性脈絡網膜症?

緑内障の予防ができるサプリの特徴と今の医学の現状

スマホ老眼対策

スマホ老眼の対策、絶対やりたい3つのこと・できればやりたい5つのこと

眼精疲労で眼を温める女性

眼精疲労は目を冷やす?温める?どっちがいいの!?