まぶたの痙攣の原因は何?止まらないのはなぜ?

まぶたの痙攣の原因とは

突然に襲ってくる目の異常の1つが「まぶたの痙攣」です。自分が意識していないにも関わらずピクピクと動き、「止めたい」と思っても止まらないのが特徴です。

しかし、なぜまぶたは痙攣するのでしょうか?

このページでは、まぶたが痙攣する原因を5つ紹介していくとともに、有効な生活の中での対策方法も併せて紹介していきます。

まぶたが痙攣する原因5つと今の眼科医学の基礎知識

まぶたが痙攣する原因は主に「5つ」あります。

これらの原因は「原因であると思われる」というのが正しい解釈であり、今の眼科医学においては、目の痙攣の「はっきりとした原因」は分かっていないのも実情です。

そのため「症状を抑える」ことはできても、画期的な治療法は存在せず、最後に紹介する「予防」が極めて重要なことになってきます。

しかし、それでもまずは、これから紹介する、「(まぶたの痙攣と密接な関係があるであろう)5つの原因」を知って、その原因に対して対策を考えることからはじめてみましょう。

原因①:目の酷使、目の疲れ

原因①目の疲れ

まぶたの痙攣は、医学的には「眼瞼(がんれん)ミオキミア」という症状名です。そして、そのまぶたの痙攣(眼瞼ミオキミア)の、一番良くある原因の1つが「目の酷使」や「目の疲れ」です。

「朝はまぶたが痙攣していなくて、仕事でパソコンなどを使い始めてから痙攣が始まった」という人が多く、片目だけに症状が現れやすいのも特徴です。

同じ生活を繰り返せば、痙攣も同じように起こってきますので、「生活を目に優しく改善すること」が一番重要な対処方法だと言われています。

原因②:ストレス

原因②:ストレス

目を酷使していなかったとしても「ストレス」によってまぶたの痙攣が始まることがあります。

日々のオーバーワークや、職場の人間関係、睡眠不足、過労など、現代はストレスに満ち満ちています。

「目はあまり酷使していないけど、ストレスが多い」人に多い症状の1つです。

ストレスが原因のまぶたの痙攣は、女性に特に多いですが、男性でもストレスによって痙攣が起こることが十分にあります。

この場合は、ストレスがない環境に変えることが大切ですが、それはなかなか難しいのが現状です。そこで、症状がひどい方には、「抗痙攣薬」が処方されることもあります。

原因③:この栄養素、不足してませんか?

原因③栄養不足

目に必要な栄養素が不足すると、「ちょっとした目の疲れ」「ちょっとしたストレス」でまぶたの痙攣が起こりやすくなります。

ビタミンAが不足

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保つことで有名な栄養素ですが、「目の正常な機能」にも必要な栄養素の1つです。

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、摂取しすぎると頭痛や吐き気、嘔吐、成長の停止、体重低下、関節症、脂肪肝といった症状が現れるため、「ビタミンAを摂取しない生活」が現代は「良し」とされていることも問題の1つです。

ビタミンAが欠乏することで、夜盲症(暗い所で物が見ずらくなる)や、皮膚粘膜の異常も起こります。

1日あたりの推奨量は、男性で850μg、女性で650μgですが、上限は成人男性・成人女性ともに2700μgで、過剰摂取はほとんどありません。

サプリにビタミンAが含まれている場合は摂取量に気をつけながら、普段の食事からは積極的に摂取しましょう。

ビタミンCの不足

ビタミンCは活性酸素を消去したり、コラーゲンの合成に関わる水溶性ビタミンです。

ストレスを感じた時には特に必要で、これは高ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成に関わっているビタミンだからです。

過剰摂取による副作用の心配がないビタミンですので、積極的に摂取するように心がけましょう。

ビタミンEの不足

目の周りの血行の改善や、疲労の回復に良いはたらきがあるのがビタミンEです。

ビタミンEは目の疲れやストレスによって発生する活性酸素と非常に結びつきやすい栄養素です。そのため、目や体に出てきた活性酸素とすばやく結びついて消去してくれます。

1日あたりの上限量は成人男性で800㎎、成人女性で650㎎ですが、推奨摂取量は6.5㎎程度であり、過剰症の心配もありません。

モロヘイヤやアーモンドなど、普段の食事からは摂取しにくい栄養素でもあるので、サプリメントで補っていきましょう。

原因④:ドライアイ

原因④:ドライアイ

ドライアイもまぶたの痙攣の症状を引き起こす原因の1つです。ドライアイは、目が乾燥するだけでなく、頭痛や疲れ目なども引き起こす原因になるため、対策が必要です。

具体的には、コンタクトレンズの装用時間を短くしたり、部屋を加湿したり、スマホを使う際にはブルーライトカットメガネを使うなどの工夫が必要です。

原因⑤:眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

まぶたの痙攣が「両目」に起こることが多いのが眼瞼痙攣です。眼瞼痙攣の場合は、「目を開けていられない」「目を開け続けるのに意識が必要」など、生活に支障が出ることもあります。

そのような状態のため、外を歩くことにも危険が伴ったり、買い物に行くことすらできないという人もいます。

眼瞼痙攣もはっきりとした原因が分かっていないため、治療法は確立されているわけではありませんが、ボツリヌス療法や薬物治療などがあり、改善する可能性も高い病気です。

まぶたの痙攣を予防するには?

まぶたの痙攣は、そのほとんどが「目の疲れ」「栄養不足」「ドライアイ」「ストレス」などの「日々の生活」に関係しており、一時的である場合が多く、「寝れば治っていた」ということも多い症状です。

しかし、生活改善をしなければ、再発する確率も多くなります

実際、まぶたの痙攣を感じたことが「今回初めて」という人は少なく、多くの人が「数回目」の痙攣を経験しています。

では、どうすればまぶたの痙攣を予防することができるのでしょうか?

目のストレスや疲れ目対策をする

まずできることは「ルテイン」「ゼアキサンチン」を摂取することです。

ルテインとゼアキサンチンは目の網膜黄斑部に多く存在し、私たちの目を「紫外線」や「ブルーライト」などの有害な光から守ってくれています

ルテインとゼアキサンチンは、赤ちゃんとして生まれた時から、人間の目を守ってくれている栄養素であるにも関わらず、食事からしか摂取できません

しかも1日に必要な量は6㎎以上。これはほうれん草換算で4.4株も必要です。そのため、多くの眼科医がルテインやゼアキサンチンの摂取を推奨しています。

また、ルテインとゼアキサンチンが、米国国立眼科研究所(NEI)によってm加齢黄斑変性や白内障などの失明につながる眼病リスクを減らすことを認定しました。

ルテインやゼアキサンチンを含む目に良いサプリメントはこちらの記事で、おすすめできるルテインサプリはこちらの記事で紹介しています。

パソコンやスマートフォンの使用時間を減らす

可能であれば、パソコンやスマホを使う時間を減らすようにしましょう。しかし、そうは言っても仕事の都合上減らすことができない人もいます。

そこでまず大切になるのが、目を疲れさせない「パソコンの設定」です。⇒パソコン作業の目の疲れを軽減する3つの設定と8つの方法

また、使用時間を減らせないまでも、せめて「ブルーライトカットメガネ」は使用するようにしましょう。

下記記事の中段で、おすすめのブルーライトカットメガネを紹介しています。

紫外線を浴びると「目が痛くなる」「充血する」「チカチカする」といった症状が現れることがあります。そして、それは「目の日焼け」が原因であることが多...

目の周囲のマッサージは「してはいけない」ことです

目の疲れを減らすための「マッサージ」というものがあります。

これは、眼科医が執筆するものもあれば、Youtubeで気軽に知ることができるものまで様々ですが、当メディアではそのようなマッサージは推奨していません

なぜなら、それが眼科医が推奨するものであれなんであれ、「マッサージが原因で眼病になった人」がいるからです。

眼科医が書いたものだからと信じた結果、白内障で失明した女性もいますので、目のマッサージはやるとしても「ほどほど」にしましょう。

さいごに まぶたの痙攣とおさらばするコツ

そして、まぶたの痙攣対策のために何より大切なのは、「ストレスフリー」な考え方です。

毎日起こる出来事の中には、ものすごいプレッシャーのものもありますし、イライラしてしまうことも多くあると思います。

でも、1年後に振り返ってみると、「あれってなんで苛立ってたんだっけ?」「なんで疲れていたんだっけ?」というようなものがほとんどではないでしょうか。

責任を持っては言えないのですが、もし今の生活がストレスまみれなら、もっと気楽に、そしてもっと自分自身を大切にしてあげましょう

まぶたの痙攣は、そういう「頑張りすぎないで!」という身体からのメッセージだったりします。

嫌なことがあったら、逃げ出してみてもいいんです。疲れたら「疲れた」と言って、休憩すればいいんです。

そんな「わがまま」も、たまにはいいのではないでしょうか。

最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

ドライアイの原因

ドライアイの原因って何?知ってるようで知らない9つの事実

ドライアイ対策サプリメント

ドライアイはサプリで解消できる?サプリと根本解決のポイント

カラコンの危険性

カラコンに潜む危険性、粗悪品やトラブルが絶えない理由とは?

加齢黄斑変性のチェックリスト!日本の眼科のガイドライン問題

NO IMAGE

何だか見えにくい!もしかしたら中心性漿液性脈絡網膜症?

目の疲れに有効な目薬は?

目の疲れを取る目薬の正しい選び方!自分に合った成分を選ぶために