カラコンに潜む危険性、粗悪品やトラブルが絶えない理由とは?

カラコンの危険性

おしゃれの万能アイテムの1つが「カラコン」です。黒目が大きく見えて可愛さもアップするため、今では芸能人を初めとして、多くの女性の「おしゃれ」として使っています。

しかし、カラコンには「危険性」もあります。

この危険性を知った上で、正しくカラコン選びをし、楽しくおしゃれをするようにしていきましょう。

カラコンの3つの重大な危険性

カラコンはできれば「使用しない」のがベストです。また、使用するとしても、「危険性(リスク)」を理解した上で使わなければいけません。

ここでは、「絶対に知っておきたいカラコンの3つの危険性」を紹介していきます。

危険1:安いカラコンの粗悪品は、色落ちする

これは有名な話ですが、特に「安い」カラコンの場合は粗悪品も多く、中には色落ちをするものがあります。

これらは実際に今でもある、色落ち報告です。

このように、実際に綿棒でこすると、色が落ちてしまうのです。カラコンの色は主に「金属」ですから、わざわざ自分から金属を目に入れているようなもの。

もちろんカラコンには、色が目に入らないように作られているものもあります。しかし、それらが絶対に安全と言うわけではありません。

危険2:酸素透過性が悪いカラコン

また、色落ちだけでなく、カラコンの「酸素透過率の悪さ」にも危険性が隠れています。酸素透過率とは、コンタクトレンズがどれくらい酸素を通すことができるのかを表したもので、「Dk/L」という単位で表されます。

酸素透過率が悪いと、目の疲れやドライアイなどの原因になるほか、目が細菌に感染しやすくなったり、眼病にかかりやすくなったりします。

さらに、一度死ぬと、二度と再生できない「角膜内皮細胞」が減少していくことも有名な話です。

この酸素透過率は、今現在のコンタクトであれば「100Dk/L以上」が標準的です。

一般的には酸素透過率は「80Dk/Lで裸眼の状態の97%の酸素透過率」ですので、80Dk/L以上のものを選ぶと良いとされていますが、カラコンを買う時には、この酸素透過率はほとんど記載されていません。

知らない間に、酸素透過率の悪いカラコンを使い、知らない間に目が危険にさらされているのが、カラコンなのです。

【カラコンの酸素透過性ってどれくらい?】
カラコンの酸素透過性は、薬局やネットで買えるものは一般的に「10Dk/L前後」、眼科で取り扱いのあるカラコンでも「30Dk/L前後」が標準的です。

カラコン自体がいかに酸素透過性が悪いかが分かります。

危険3:厚みがあり、目に負担をかける

「普通のコンタクトは目に違和感を感じないけど、カラコンだと違和感を感じる」という人は多いのではないでしょうか。

この原因は、カラコンが通常のコンタクトに比べて「厚み」があるからです。(カラコンは、色を中に入れているため、通常よりも層が多くなるからです。)

そのため、通常のコンタクトよりも目に負担をかけますし、時には目に傷をつけることもあります。

安全なカラコンはどれなのか?ランキング形式で紹介

このように危険性があるのがカラコンですが、「カラコンを装着すれば普段よりも可愛く見える」「おしゃれに見える」ということもあり、危険性を知っても使う人や使いたいという人は多くいます。

ここからは、その実態を考慮して、「カラコンを使わない」のではなく、「危険性ができるだけ少ないカラコン」を紹介していきます。

※危険性は少なくとも、一般的なコンタクトレンズに比べて危険性は高いことを理解の上ご使用ください。

1位:山本美月さん使用の「ワンデーアキュビューディファインモイスト」

安心できるカラコン1位:ワンデーアキュビューディファインモイスト

まず、安心して使用できるコンタクトの1つ目がジョンソン&ジョンソンの「ワンデーアキュビューディファインモイスト」です。

コンタクトレンズの大手企業が発売しており、徹底した品質管理と、カラコンではない「ワンデーアキュビューモイストと同レベル」の酸素透過率を誇っています。

コンタクトの中に特殊な技術でうるおいを保つ成分が入っているため、快適な付け心地があるのも特徴です。素材もグループⅣで安心して使用することができます。

酸素透過率 紫外線UVAカット 紫外線UVBカット 含水率
33.3Dk/L 81%以上 97%以上 58%

最安値:レンズアップル⇒1箱980円

2位:日本アルコン「フレッシュルック」シリーズ

素材グループがグループⅡにあたる、日本アルコン(チバビジョン)のカラコンが「フレッシュルック」です。

酸素透過率 紫外線UVAカット 紫外線UVBカット 含水率
26Dk/L なし なし 69%

グループⅡ(抗含水、非イオン性)で、酸素透過率はワンデーアキュビューディファインには劣りますが、市販のカラコンに比べて安全性は高く、眼科でも処方されるものです。

3位:エア オプティクスシリーズのカラコンもおすすめです

予算が許すなら、素材グループⅤで酸素透過率が「138Dk/L」ある、エアオプティクスがおすすめです。紫外線カットはありませんが、十分に安全に使用できるカラコンです。

酸素透過率 紫外線UVAカット 紫外線UVBカット 含水率
138Dk/L なし なし 33%

ネットでは取扱がありません。また、眼科でもすべての眼科に置いてあるわけではありませんので、事前に問い合わせが必要です。

さいごに

このページではカラコンの危険性について紹介してきましたが、使うとしても、「粗悪品」には注意が必要です。

特に、「異様に安いカラコン」「ブランドが良く分からないカラコン」には注意が必要ですし、SNSで「○○が良いよ」という情報を見ても、その製造会社が信頼できないのであれば使用しないことが大切です。

もちろん、「使用しないこと」が一番の選択肢ですので、この機会に「カラコン以外のおしゃれ」を磨いてみてはいかがでしょうか。

最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

眼圧を下げる方法

眼圧を下げる方法とは?眼圧が高いと言われたらやりたい8つのこと

パソコン作業の目の疲れを軽減する設定3選+方法8選【まとめ】

スマホに疲れる女性

スマホで疲れる人が増加中!きちんとした対策で目にも体にもいい環境を整えよう

目がチカチカする原因とは

目がチカチカする原因とは?頭痛や吐き気もするのは病気なの?

セルフドクターズの疲れ目チェック

疲れ目チェックサイトのまとめ!頑張りすぎていませんか?

ルテインの効果

ルテインの効果とは?8つのメリットと副作用