目の疲れを取る方法8選!即効性ある方法と中長期的に効果のある方法

目の疲れを取る方法

目の疲れを感じても目を酷使しなければいけない現代人。働かなきゃいけない、でも目は疲れている・・・そんな時にどうしたら目の疲れを取ることができるのでしょうか?

このページでは、即効で目の疲れを取る方法から、根本的に目の疲れを取る方法まで、誰でもできる8つの方法を紹介します。

即効性のある目の疲れを取る方法 4選

「今すぐに目の疲れを取りたい!」そんな方にまずやってみてほしい、即効性のある目の疲れを取る4つの方法を紹介します。まずはこの4つをやってみて、目の疲れをとってみてくださいね。

目の疲れを取る方法その1:ツボ

目の疲れを取りたい時に、知っておきたいのが目の疲れを取る「ツボ」です。

この「ツボ」を知っておくと、疲れた時に、そのツボを押すことで、目の疲れがさっと解決することもあります。

目の疲れを取ることができるツボは全部で6つ。画面を見ながら、さっそくやってみてくださいね。

目のツボは全部で6種類

目の疲れを取るツボ

目のツボは全部で6つあります。

  1. 睛明(セイメイ)・・・目頭付近のツボ。
  2. 攅竹(サンチク)・・・眉毛の根元付近にあるツボ。鼻のくぼみ。
  3. 魚腰(ギョヨウ)・・・眉毛の中央付近にあるツボ。
  4. 絲竹空(シチククウ)・・・眉毛の先端付近にあるツボ。
  5. 太陽(タイヨウ)・・・こめかみのあたりにあるツボ。くぼんだ部分。
  6. 承泣(ショウキュウ)・・・目の中央の下付近にあるツボ。

これらを順番に押すことで、目の疲れが取れることがあります。それぞれの場所は、上記のイラストの通りです。1か所だけではなく、6か所すべて順番に押していくのがツボ押しのコツです。

目の疲れを取る方法2:目を温める

ツボを押しても目の疲れが取れない時には、「目を温める」ということをやってみましょう。

市販のあったかマスクを使っても良いのですが、濡らしたタオルを電子レンジでチンすれば、簡単に温タオルをつくることができます。

温度はだいたい40度がいいとされています。電子レンジで50秒ほどあたためると、ちょうど良い温度になりますので、ぜひやってみてくださいね。

目の疲れを取る方法3:目のストレッチ

ツボを押したり、温タオルを使ったりすることと併せて行いたいのが「目のストレッチ」です。

目の疲れは、「筋肉の固まり」が原因であることが多いですので、下記のストレッチもぜひやってみてください。

  1. ギュッと閉じて、パッと開く
    目をギュッと閉じて、パッと開くというのを複数回行ってみましょう。目が疲れている時はたった1回のストレッチでも、疲れがとれることがあります。
    さっそく今もやってみてください。1回・・・2回・・・3回・・・4回・・・5回!どうですか?少しですが目が楽になりませんか?
  2. ピント機能ストレッチ
    きっと今はスマホやパソコンを見ていると思いますが、一度画面から目を離して、遠くを見てみてください。その後また「違う距離感のもの」を見てみてください。そうしたらまた、スマホやパソコンに目を向けてみてください。「ちょっと」ですが目の疲れが改善されていませんか?

目の疲れを取る方法4:目薬

目の疲れを感じた時にあると便利な目薬。「すでに使っている」という人も多いのではないでしょうか。

目薬はたくさん市販されていますが、その中でも「防腐剤フリー」のものがおすすめです。

※目薬には賛否両論があり、あまり使いすぎると「逆効果」もあるため注意が必要です。

目の疲れを中期的に取る方法 2選

次は「即効性」はないけれど、1週間、1か月という短いスパンで見た時に目の疲れに効果がある方法をお伝えします。

目の疲れを取る方法5:栄養補給

「目の疲れを取る方法を知りたい」と思っている方は、目を酷使する環境にいることが多いですね。

特にパソコンやスマホの利用が多いのであれば、普通以上に目は栄養を消費していますので、食事やサプリメントでしっかり栄養を摂取する必要があります。

しかし、反対に言えば、「目の栄養を摂取」できれば、目が疲れにくくなるということでもあります。

では、どんな栄養を摂取することが目の疲れにいいのでしょうか?

それはビタミンAやビタミンB群、ビタミンCなどのビタミン類と、ルテインやゼアキサンチンなどの目にもとからある栄養補給をすることです。

特にルテインやゼアキサンチンは「天然のサングラス」と言われるほど重要な成分です。下記記事では目の栄養であるルテインやゼアキサンチンの含有が多い食品を紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

ルテインの多い食品
目に良いからこそ摂取したいルテイン。 このページでは、そんなルテインが摂取しやすい食べ物・食品(※1)について書いていきます。 そし...

目の疲れを取る方法6:目に優しい環境をつくる

栄養とともに、中期的に目の疲れを取ることにつながる方法が「目にいい環境を作る」ということです。もし今「目に悪い環境」であれば、環境を改善するだけで、目の疲れがぐっと減ることがあります。

照明を調節する

テレビを見ている時に、「明るい部屋で見るように」というアナウンスがされているのを見たことがある人は多いはず。テレビやスマホを見る時には、適度に明るい部屋で見るようにしましょう。

反対に、「休む」ときには、暗めの色にして、目にできるだけ負担がかからないようにしましょう。

適度に休憩する

長時間のパソコン作業、長時間のスマホは目にかなりの負担がかかります。

よく子供に「ゲームは1時間まで!」なんていったりしますが、大人でも、1時間ほど目を酷使したら、10分間ほど休むようにしましょう。

「10分も休むなんてもったいない!」と思うかもしれませんが、この10分が目の疲れを解消し、集中力アップにつながり、仕事の効率化になっていくこともあります。

ブルーライト対策メガネ

ブルーライト対策メガネもおすすめです。

ブルーライトカットは、地味に効果があります。ブルーライトカットメガネは使っていても目は疲れますが、使わないよりは疲れにくくしてくれますので、特にパソコン作業が多い方には必須のアイテムだと言えるでしょう。

長期的に目の疲れを取る方法 2選

「それでも目が疲れる」という場合もあるでしょう。もしかしたらその疲れ目は「目の疲れとは一見関係がない部分」が原因になっているかもしれません。

最後に、改善には時間がかかるけど、長期的に目の疲れに効果のある方法を2つお伝えします。

目の疲れを取る方法7:姿勢を良くする

「良い姿勢」は「目にも良い」ということが分かっています。椅子に座る時にも、だらっとした格好の方が体は「楽」だと感じますが、そのような「一般的に良くないであろう姿勢」は目にも悪影響なのです。

姿勢を矯正するのはなかなか時間がかかりますが、姿勢を改善すれば、目にもその他の臓器にも良い影響を与えます。

もし「姿勢が悪い」と感じる部分があれば、この機会に姿勢も正しくしてみませんか?

目の疲れを取る方法8:運動をする

目の疲れの原因の1つが「血行不良」です。だからこそしたいのが「運動」です。運動をすると、運動をしていない時の血行もよくなります。

すぐにはなかなか効果を感じることは少ないですが、長期的には目にも体にもいいことです。「運動が体にいいのは分かっているんだけど・・・」と思うかもしれませんが、まずは1週間に1回、ちょっとした散歩から始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は目の疲れを取る「8つ」の方法をお伝えしてきました。

あなたも気づいたかもしれませんが、即効性ある方法は「効果が出るのがはやく、効果は一時的」です。それに対して長期的な方法は、「効果が出るのが遅いが、効果も長期的」になります。

どちらが良い・悪いということではなく、今回紹介した方法を1つでも多く取り入れることが、目の疲れに悩まされない日々につながっていきます。今回紹介した方法は「いつでもできることばかり」ですので、ぜひ今から生活に取り入れてみてくださいね。

◎あわせて読みたい

ルテインサプリメントの効果
目の疲れや老眼を感じはじめた時に摂取したいのがルテインサプリ。でも、口コミや評判を見ていると「効果があった!」と言う人もいれば「効果がなかった」...
最高のアイケアサプリ「めなり」

めなりめなり2「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」という口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

スッキリクリアな視界を実感してみてください。

ルテイン ゼアキサンチン アントシアニン アスタキサンチン
◎:12㎎ ◎:2.4㎎ ◎:特許取得ビルベリー170㎎ ◎:1mg
βカロテン クロセチン ビタミン類 微粒元素
◎:6.7mg ◎:0.68mg ◎:B群・C・E ◎:亜鉛・銅両配合
返金保証 リピート率 初回価格 2回目以降
◎:15日間全額返金 ◎:93.9% 907円 2980円

※1日2粒あたり
※βカロテン、クロセチンについては、販売会社に問い合わせ、成分配合量を開示していただきました。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

目の疲れに有効な目薬は?

目の疲れを取る目薬の正しい選び方!自分に合った成分を選ぶために

ドライアイの原因

ドライアイの原因って何?知ってるようで知らない9つの事実

20代でも老眼は進む!若年性老眼の症状、原因、予防と対策

眼精疲労の治し方

その眼精疲労の治し方、大丈夫?本当に効果のある目の疲れ対策法

目の奥が痛い女性

目の奥が痛い原因とは?6つの原因と5つの改善方法

ルテインの効果

ルテインの効果とは?8つのメリットと副作用