眼精疲労は目を冷やす?温める?どっちがいいの!?

眼精疲労で眼を温める女性

飲食店で出てきた温かいタオルを目に当てて目を温めると、「目の疲れが取れるなぁ」なんて思った経験はないでしょうか?

反対に、冷やしたタオルを目に当てても気持ちが良いという経験をしたことがある人もいるかもしれません。

このページでは、目を冷やす方が良いのか、温める方が良いのか、眼精疲労(目の疲れ)にはどちらが効果的なのかを紹介します。

眼精疲労には冷やすより温める!

目を冷やすか温めるか、どちらが良い、悪いというものでは実はなく、「状況によって」どちらが良いかは変わってきます。

結論を先にお伝えすると、パソコン作業などの眼精疲労には目を温める方が目の疲れはとれます。

しかし、軽度な疲れや目の充血などの炎症を起こしている時、目から熱を感じる時などは目を冷やす方が効果的です。

温める場合と冷やす場合についてさらに詳しく見ていきましょう。

目を温める方が眼精疲労に効果がある理由

目を温める

もしあなたがパソコンなどの作業で目が疲れたり、目が固まっているような感じがする場合は、目を温める方が効果的である場合が多いです。

これは、目を温めることによって、目の周辺の欠陥が広がり、目の周りの血液循環が良くなるためです。これによって目の中にある「毛様体」に酸素が行き届いたりするなど、疲労改善効果が期待できます。

さらに、温めることによって、筋肉もやわらかくなり、リラックスした状態になります。そのため、乱れた自律神経も改善されます。

また、もしあなたが「ドライアイ」を感じていて、それを改善したいということであれば、冷やすのではなく温める方がよいとされていますので、ドライアイに困っているという場合には温めるようにしましょう。

目を冷やす方が効果的な時とは?

目を冷やす

では、目を温めるのではなく「冷やす」ほうが効果的な時はどのような時でしょうか?

結論をお伝えすると、軽度な疲れ目、目が充血している時や視力が低下している時、痛みがある時などに効果的です。

目を冷やすことは、温めることとは反対に、血管や筋肉を収縮させます。そうして収縮した血管や筋肉は、元に戻ろうとします。

この元に戻る時に、疲れていない状態まで回復させようとしますから、軽度な疲れ目を感じる前に戻ることができ、解消したように思えるというわけです。

また、ケガをしたときに、ケガをした部分を冷やすことで痛みを感じなくなったという経験がある人は多いと思いますが、それと同じで、目に痛みがある時にも目を冷やすことは効果的です。

目の冷やし方、温め方とは?

では、どのようにして目を冷やしたり温めたりすると良いのでしょうか?ここでは、そんな目の「冷やし方」「温め方」について紹介していきます。

目を温める方が効果がある場合が多いため、まずは目の温め方から紹介していきます。

目の温め方

目を温めるには、主に3つの方法があります。

「温タオル」を使う方法、「手」で温める方法、「ホットアイマスク」などの目を温めるグッズを使う方法の3つですが、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

目の温め方1:温タオルを使う方法

目を温める時に一番よく使われる方法が「温タオル」を使う方法です。タオルを水で濡らし、それを電子レンジで温めて温タオルを作り、それを目に当てるというやり方です。

メリットはお金がかからないことや、いつでも手軽に行えることですね。

デメリットとしては、タオルに異物や菌が付着していると、その異物や菌が目に入る恐れがあることです。できる限り清潔にしたタオルを使うとともに、電子レンジと触れていた面は使わないという工夫が必要になります。

目の温め方2:手で温める方法

タオルなどの道具などを使わずに、「手」を使って目を温める方法もあります。これは、手をこすり合わせて手を温め、手を目に当てるという方法です。

メリットは、タオルと同じように、いつでも手軽に行えることです。デメリットも同じで、手に異物や菌が付着している場合、それが目に入る恐れがあるということです。

手で温める際にも、手を石鹸などで洗い、清潔にしてから目を温めるようにしましょう。

目の温め方3:グッズを使う方法

パソコンやスマホなどを使用する人が増え、「目を温める方が良い人」が増えていることを受けて、目を温めるグッズが発売されるようになりました。

有名なものには、「蒸気でホットアイマスク」や「あずきのちから」などがあります。

メリットは、目のグッズとして販売されているため、目に良い温度で温めることができるということです。また、使い捨てタイプのものであれば清潔感があります。

デメリットは、お金がかかるということです。しかし、目を温めるグッズは1000円以下で手に入るものが多いため、大きな出費にもならないことはメリットだと言えるでしょう。

目の冷やし方

では、目を冷やしたい時にはどのような方法があるのでしょうか?充血していたり、花粉症で目が辛い時にやりたい、目の冷やし方を次は紹介していきます。

目の冷やし方1:冷やしたタオルを使う

スタンダードな方法は、冷水で冷やしたタオルやハンカチなどを目に当てるという方法です。手軽にいつでも行うことができますが、タオルの冷やし過ぎには要注意。

冷やした方がいいからと、氷水につけてキンキンに冷えたタオルを使うと、目がはれてしまったり、悪化してしまうことがあります。

まずは、水道から出る水の温度で冷やすことから始めてみましょう。

目の冷やし方2:保冷剤を使う

風邪を引いた時などに頭を冷やすための保冷剤が家に置いてある方も多いと思います。そんな保冷剤を使うのも効果的です。

また、「家に保冷剤がない」という方でも、ペットボトルに水を入れて凍らせれば簡単に保冷剤と同じようなものが出来上がりますよ。

目の冷やし方3:ジェルパッドを使う

冷蔵庫などで冷やして使える「ジェルパッド」もあります。ジェルパッドは温めることも冷やすこともできる場合が多く、何度も使用できるグッズですので経済的です。

ただし、先ほどもお伝えしたように「冷やし過ぎ」には要注意です。ジェルパッドを使って目を冷やす時には、間にタオルやハンカチを挟むなどして、冷やしすぎないように注意をしましょう。

温めても冷やしても、効果は一時的です

ここまで、「どのような時に目を温め、どのような時に冷やすのか」ということや、目の温め方、冷やし方についてお伝えしてきましたがいかがでしたか?

目を温めたり冷やしたりすることで、眼精疲労が改善されたり、目の炎症が抑えられたりしますが、覚えておいてほしいのは、「効果は一時的」ということです。

だからこそ、日ごろから目に優しい生活をすることが大切です。

パソコンを使用する方はブルーライトカットメガネを使ったり、目に良い栄養素も食卓に並べてみたり、目が疲れた時は適度に休息を入れる等、工夫できることはたくさんあります。

目を温めたり冷やしたりしなくてもいい生活習慣を身につけていくことが、何より大切です。

◎眼精疲労が辛い方はサプリメントでの栄養補給がおすすめです。

眼精疲労サプリメントランキング
現代人には欠かせない、栄養を補ってくれるサプリメント。そんなサプリメントの中には、辛い「眼精疲労」を緩和してくれる「眼精疲労対策サプリメント」が...

◎ルテインやゼアキサンチンを多く含む食品を知って食卓に並べてみましょう。

ルテインの多い食品
目に良いからこそ摂取したいルテイン。 このページでは、そんなルテインが摂取しやすい食べ物・食品(※1)について書いていきます。 そし...
最高のアイケアサプリ「めなり」

「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」

そんな口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。

907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

「痛みなし充血」の6つの原因

痛みのない目の充血の6つの原因。痛みなしだから逆に不安な時

近視を治す方法とは?

近視を治す方法とは?現代の近視治療法と5つの生活習慣

飛蚊症は治る?治らない?ルテインは効果があるのか

飛蚊症は治るのか?ルテインで改善するのは本当なのか?【TOPIC】

目がチカチカする原因とは

目がチカチカする原因とは?頭痛や吐き気もするのは病気なの?

ガチャ目(不同視)の原因と治し方

ガチャ目(不同視)の原因と治し方とは?放っておいてはいけない理由

ドライアイの治し方を自力でやる男性

ドライアイの治し方、自力でも効果がある方法