目の充血の原因って何?治す方法や気を付けるべき習慣はあるの?

目の充血の原因と解消法

「ふと鏡を見ると、白目が赤くなっていてびっくりした」「友達に『目が赤いよ?大丈夫?』と言われて充血に気付いた」など、目が充血することがある人は多いのではないでしょうか。

しかし、どうして目の充血は起こるのでしょうか?どうしたら治すことができるのでしょうか?このページでは、目の充血の原因と治し方を紹介していきます。

【充血が長期間に渡る場合は眼科を受診しましょう】
このページでは比較的短期間で、そのままにしていれば自然に治る充血の原因と治し方を紹介しています。これは、「長期」の場合は、眼科に受診すべきだからです。

1週間以上充血が治らない場合には、できるだけ早めに眼科を受診し、適切な検査と治療を受けるようにしましょう。

こんにちは!
ルテインサプリ比較研究所編集長の稲垣です。

目の充血が起こると「目が大丈夫かな」と不安になりますし、見た目にも影響を与えます。できるなら充血の頻度は少ない方がいいですし、はやく治したいものです。

充血の原因となっていることを知ると、今の充血の原因や、対策が見つかることもありますので、まずは原因から見ていくことにしましょう。

目の充血の原因って何があるの?

目が充血する原因は、大きく分けると「外部からの刺激」「眼病」「目の疲労感などの生活習慣」の3つがあります。ここでは、よくある目の充血の原因となる、○つのことを紹介していきます。


  1. 目の疲れ、眼精疲労
  2. ドライアイ
  3. 目に汚れが入った場合
  4. コンタクトの使用方法や使用期限
  5. その他の外部からの刺激
  6. 頑張りすぎかも?ストレスも充血の原因に?!
  7. アレルギーなどの炎症反応

目の疲れ、眼精疲労

目の疲れ、眼精疲労

「コンタクトをしていないし、ゴミが入ったわけでもないのに目が充血する」ということがあります。そしてこの多くは「目の疲れ」「眼精疲労」が原因です。

目は疲れてくると、血流量を増やして酸素や栄養を多く供給し、目の疲労感を改善しようとします。そのため、血流量が増えるので目の血管が太くなり、それが「充血」の症状としてあらわれます。

もし今目が充血していて、なおかつ目の疲労感を感じる場合は、十分に目を休め、適切な「休息」をとるようにしましょう。また、目の疲れ対策を併せて行うことも有効です。

目の疲れを取る方法
目の疲れを感じても目を酷使しなければいけない現代人。働かなきゃいけない、でも目は疲れている・・・そんな時にどうしたら目の疲れを取ることができるの...
「最近、目が疲れやすくなったなぁ」「目が疲れて、集中力が途切れてしまう」「目の健康が不安・・・」 そう感じた時に試したいのが目の疲れに効く...

ドライアイも充血の原因に?!

ドライアイ

目は「むき出しの臓器」ですが、むきだしだからこそ「涙」が目を守ってくれています。

しかし、ドライアイになると、涙の3つの層(ムチン層・水層・油層)のバランスが崩れ、涙の「乾燥を防ぐはたらき」「角膜に酸素を届けるはたらき」「汚れを洗い流すはたらき」「細菌の侵入を防ぐはたらき」などが低下します。

その結果ドライアイが原因で充血になってしまいます。涙の質を上げたり、ドライアイの原因を改善する方法が有効です。

目に汚れが入った場合

目に汚れや異物が入った

明らかな異物が目に入った時には痛みなどがありますし、それが充血の原因になっていることがハッキリと分かります。

しかし、そのような明らかな異物だけでなく、「ほこり」などの違和感のない小さな異物も充血の原因となることがあります。

この際には目薬で洗い流したり、アイボンなどで目を洗浄するなどの対策をすることができますが、小さな異物で充血する=目を保護する「涙」の質が低下していることもあるため、涙の質を改善することも大切です。

コンタクトの使用方法や使用期限

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使用している人も多いと思いますが、コンタクトも目の充血の原因になります。

コンタクトは目にとっては異物ですし、コンタクトをすることで目が酸素不足や栄養不足にもなります。また、異物を洗い流しにくくなりますし、殺菌作用も低下します。

もしコンタクトをしていて充血するのであれば、コンタクトを外して、充血が治るまではメガネで過ごすようにしましょう。また、次から使用するコンタクトを新しいものに変えることも大切です。

ドライアイにおすすめのコンタクトは?
コンタクトがドライアイの原因の1つと分かっていても、「メガネは似合わないしコンタクトしか考えられない!」という人も多いのではないでしょうか。 ...

その他の外部からの刺激も充血の原因になる

その他の外部刺激

コンタクトや異物などの他にも「紫外線を浴びる」「目をこする」「プールで泳ぐ」など様々な外部からの刺激によって目は充血することがあります。

特にプールや温泉などでは、目が細菌感染しやすく、炎症を起こすため目の充血の原因となりやすいです。そのため、プールなどに行く際には目を洗浄する洗浄液を持って行くようにしましょう。

頑張りすぎかも?ストレスも充血の原因に?!

頑張りすぎとストレス

ストレス社会と言われるようになってきましたが、過度なストレスは自律神経の乱れにつながり、交感神経が優位な状態(緊張状態)が続きます。

そうなると目は乾きやすくなり、水分の他にも酸素や栄養素も必要になりますから、血管が太くなりやすい=充血になりやすいと言われています。

またブルーライトによっても交感神経は優位になりやすいですから、パソコンやスマホの使用が多い人は「ブルーライトカットメガネ」に加えて「ルテイン」などのサプリメントを使って体の外と内からケアしていくようにしましょう。

「最近、目が疲れやすくなったなぁ」「目が疲れて、集中力が途切れてしまう」「目の健康が不安・・・」 そう感じた時に試したいのが目の疲れに効く...

アレルギーなどの炎症反応

アレルギー

また、アレルギーなどの炎症反応によっても目は充血することがあります。花粉症やハウスダスト、コンタクトレンズや点眼薬など、アレルギー反応を起こすものは人によってさまざまです。

くしゃみや鼻水などの症状も現れることが多く、アレルギー性結膜炎になった場合には眼科での適切な治療が必要になります。

目の充血を予防するためにできる10のこと

このように目の充血の原因は様々で、100%予防することは不可能に近いのが現状です。

しかし、予防をしておけばできる限り充血をしない生活を手に入れることができますし、充血になった時にも予防法を知っておけば正しい対処をすることができます。

ここでは、充血した時に試したい充血の治し方と、予防のためにできる10のことを紹介していきます。


  1. スマホやパソコンなどのVDT作業の際は休憩を
  2. 意識的にまばたきの回数を増やそう
  3. いつもよりしっかり睡眠をとる
  4. 目薬を使って傷の修復をはやめよう
  5. アイメイクはほどほどに!メイク落としもしっかりと!
  6. 日焼け対策にも効果的!紫外線対策も行おう!
  7. コンタクトレンズを新しいものに変える・使い方に気を付ける
  8. 目の充血を抑える「ツボ」を押す
  9. 部屋やデスク周りの掃除をする
  10. めやにや長期間の充血がある場合は眼科を受診しよう

スマホやパソコンなどのVDT作業の際は休憩を

スマホ作業

目が充血している時にスマホやパソコンをすると「いつもより辛い」と感じることが多いですよね。そんな状態でスマホやパソコンを無理に使うと、目に必要以上の負担がかかり、いつも以上に目が疲れやすくなります。

充血がさらに悪化することにもつながりますので、「1時間に10分程度の休憩」や「必要以上に使用しない環境」を意識してみましょう。

今から20年前は、パソコンがある家も少なく、仕事で使うこともなかったのですが、今ではパソコンで仕事をするのが当たり前の世の中になってきました。 ...

意識的にまばたきの回数を増やそう

まばたき

目の表面の傷を治すために必要なのが「涙」です。涙は外部からの異物を排除したり、目の表面に酸素や栄養素を与える役割を果たしています。

この涙は3つの層(ムチン層・水層・油層)で成り立っていますが、「まばたき」によってバランスが整えられています。

スマホやパソコンをするとまばたきの回数は減る傾向にありますので、充血の症状がある人ほど意識的なまばたきをしてみましょう。

【関連記事】スマホやパソコンによってどの程度まばたきの回数が減るのか?また、涙の層は何秒維持できるのかについては次の記事で紹介しています。
ドライアイの原因って何?知ってるようで知らない9つの事実-原因③ 長時間のパソコンやスマホ(該当箇所にジャンプします)

いつもよりしっかり睡眠をとる

睡眠

目の充血は眼病ではなく症状です。そして免疫機能や目の疲れなどが原因であることが多いため、「しっかり休息する」ことで治る場合も多いです。

もし充血してしまったら、「目を酷使しすぎたサイン」ととらえ、充血がある日は早めに布団に入ったり、意識的に目を閉じるなどして目を休ませるようにしましょう。

目薬を使って傷の修復をはやめよう

目薬

充血した時には「目薬」も有効な場合があります。特に角膜が傷ついたことによる充血に対しては傷の修復を助ける目薬が眼科で処方されています。

また、「市販」のものでも良い目薬はいくつか発売されています。下記記事では充血を抑える成分の入った目薬も紹介していますので、「目薬も使いたい」という方はそちらも併せてお読みください。

目の疲れに有効な目薬は?
目の疲れを感じた時の私たちの大きな味方になるのが「目薬」です。 しかし、薬局に行ってみてみると、棚にずらっと目薬が並んでいて、どれがいいの...

アイメイクはほどほどに!メイク落としもしっかりと!

アイメイク

女性にとって「アイメイク」はメイクのキモと言えるほど大事なものですが、過度なアイメイクはマイボーム腺を塞いでしまうことがあり、ドライアイの原因にもなります。

また、メイクの液剤などが目に入っても充血の原因になりますので、メイクをする際には慎重に、そしてメイク落としもしっかりとしていきましょう。

日焼け対策にも効果的!紫外線対策も行おう!

日焼け対策

目に入ってくる紫外線によっても目はダメージを受けます。そして紫外線も充血の原因にもなりますし、過度に紫外線を浴びると目が日焼けし、肌も黒くなってしまいます。

炎天下の中での外出はつばの広い帽子をかぶったり、サングラスをかけたり、天然のサングラスであるルテインを摂取したりして体の外からも内からも紫外線対策をしていきましょう。

紫外線を浴びると「目が痛くなる」「充血する」「チカチカする」といった症状が現れることがあります。そして、それは「目の日焼け」が原因であることが多...

コンタクトレンズを新しいものに変える・使い方に気を付ける

もし、コンタクトレンズを普段から使っているのであれば、コンタクトレンズを新しいものに変えることも大切です。コンタクトレンズが劣化するとそれだけ目に傷がつきやすくなり、充血の原因となるからです。

最近は連続装用可能時間が24時間というものもあります。しかし、やはり多くの眼科医は「8時間程度」を推奨していますので、装着時間の長さにも注意が必要です。

目の充血を抑える「ツボ」を押す

目の充血に効果のあるツボもあります。それが①手首の小指側の骨のくぼみ②親指と人差し指の付け根の部分です。この2つのツボを押すことで必ず良くなるわけではありませんが、数分間でできますのでやってみる価値があります。

部屋やデスク周りの掃除をする

掃除

「ほこり」などの小さな異物によっても充血は起こることがあります。もし最近机やソファーの下などの掃除をしていないのであれば、この機会に掃除をしてみましょう。

また、ダニやカビを退治することも大事です。空気清浄器を使ったり、エアコンのフィルターの掃除をしたりと、意識的にハウスダストを減らしていきましょう。

【超優秀!ダニピタ君】
「ダニピタ君」はゴキブリホイホイのダニバージョンです。ダニが集まりやすい構造をもったダニピタ君は、特殊な誘引剤でダニをおびき寄せ、協力粘着シートでダニを逃しません。

2か月間で7981匹を捕まえる実力を持っていながら5枚入り(1シート3か月)で3980円。現在30日間全額返金保証をしていますので、楽天で一番売れているダニ捕獲器の実力を試してみて下さい。

ダニピタ君

めやにや長期間の充血がある場合は眼科を受診しよう

黄色や緑色のめやにがいつも以上に出たり、長期間充血が治らない場合には眼科を受診するようにしましょう。

例えば細菌性の結膜炎であれば、抗生物質の入った点眼をすることで1週間以内に治ります。花粉症などのアレルギー性結膜炎だとかゆみでついつい目をかいてしまいますが、眼科に行けば、かゆみを抑えてくれる点眼も処方してくれます。

多くの充血はそのままにしておいても治るものが多いですが、「眼科行くからこそ早く治る充血」もありますし、眼科を受診すればそこに隠れた眼病の発見にもつながります。

日本人は眼科に行く習慣がないので「そんなことで眼科に行くなんて」と思うかもしれませんが、目の充血は風邪と同じです。「こんなんで来なくても良いよ」なんて言う眼科医はいませんので、心配な場合は眼科を受診しましょう。

目の疲れ・ブルーライト対策をして充血予防につなげよう

今回の充血には劇的な効果はありませんが、今後の充血予防のために「目の疲れ」「ブルーライト」などの対策を強化することもオススメです。

その中でも「自然の力」で予防してくれるのが、カロテノイドやポリフェノールなどの抗酸化作用のある栄養素です。これらは食事からしか摂取することができません。

カロテノイドの1つ「ルテイン」は天然のサングラスと言われ、私たちが生まれた時から目を有害な光から守っています。

ポリフェノールの1つ「アントシアニン」は目の疲労感を軽減したり、ピント調整力を改善したりといった働きがあることが分かっています。

しかし、アイケアサプリは数多く発売されているものの、配合量が少ないものもあり、どれもオススメなわけではありません。下記記事では、ルテインサプリ比較研究所編集部で厳選したオススメのルテインサプリを紹介しています。

「最高のアイケアサプリを使いたい」という方は必見です。

現代人の目の酷使、平均寿命が延びたことに対するアイケアの重要性から、ルテインサプリが多く販売されるようになってきました。 しかし、その中に...

さいごに

目が充血すると、自分だけでなく周りからも「大丈夫?」と心配されます。私はこの心配が逆に辛かったですし、充血がある時には人前に出るのが恥ずかしかったこともあります。

しかし、部屋を綺麗にし、目の疲れや眼精疲労対策をしていくうちに、悩まされることがほとんどなくなりました(異物が入ったりした時は充血します)。

アイケアはやってみると「やって良かった」に変わる典型例です。ぜひ今日から疲れにくい目にするための改善をしてみて下さいね。

最高のアイケアサプリ「めなり」

「今までのサプリでは満足できなくても、このルテインサプリは満足した」

そんな口コミが多く、継続率が93%と評価が高い「めなり」。

当メディア管理人も、めなりを現在継続し続けているのは、目の疲れやドライアイなどの症状に悩まされなくなり、なおかつ、高コスパだからです。

満足できなければ15日間返金保証もあり、継続の縛りもありません。

907円でお試しが可能です。サプリメントが嫌いな私でも使い続けている、自信を持っておすすめできるルテインサプリです。

最高のアイケアサプリ「めなり」
※初回907円、継続の必要性なし、15日間返金保証

めなりの口コミ・効果はこちら

関連記事

加齢黄斑変性のチェックリスト!日本の眼科のガイドライン問題

夜盲症とビタミンA

夜盲症(鳥目)とビタミンAとの関係性とは?欠乏はなぜ起こる

スマホに疲れる女性

スマホで疲れる人が増加中!きちんとした対策で目にも体にもいい環境を整えよう

緑内障の予防ができるサプリの特徴と今の医学の現状

目がチカチカする原因とは

目がチカチカする原因とは?頭痛や吐き気もするのは病気なの?

目の疲れを取る方法

目の疲れを取る方法8選!即効性ある方法と中長期的に効果のある方法